135商品のドッグフードを徹底比較サイト「ドッグフードの神様」

ニュートロ「ワイルドレシピ」ドッグフードを愛犬に試した口コミ評判

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、犬の祖先オオカミの食事を再現した穀物不使用&高タンパクのドッグフードです。そんなワイルドレシピの口コミ評判や安全性はどうなのか?徹底的に分析していきます!

項目 詳細
商品ランク Bランク
※S~Eランクは【全135商品】おすすめドッグフードを徹底比較!安全安心な犬の餌は?の記事で比較しています。
主原料 4.0
グレインフリー 5.0
無添加 5.0
安全性 4.0
コスパ 4.0
内容量 800g、2kg、4kg
価格 1,642円(800g)
2,880円(2kg)
4,880(4kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 144円
対応年齢 全年齢対応
原産国 アメリカ
編集部からの評価

ワイルドレシピは、当サイトでBランクのドッグフードです。穀物や人工添加物を一切使わず、第一主原料にちゃんとお肉を使っている点は素晴らしいなと感じました。しかし素材のグレードや産地が不明すぎて、製品そのものに不安を感じるのが正直なところです。これはニュートロ全製品に共通しています。ワイルドレシピは比較的良好なドッグフードではありますが、市販のAランクドッグフードほど良好とは言えません。

実際にワイルドレシピを購入してみました!

以前から、イオンペットで見ては気になっていたニュートロのワイルドレシピ。我が家でもこの機会に購入し、愛犬モコに試食してもらうことにしました!

今回購入したのは「チキン」。しかしチキンにはビートパルプが入っていることを知り、やっぱりラムにしておけば良かった…と後悔です。

とまぁ、とりあえずワイルドレシピについてレビューしていきましょう!

パッケージ裏はこんな感じですね。ちなみにワイルドレシピは「超小型犬~小型犬用」しかなくて、なぜ中・大型犬用がないの??と不思議になりました。

確かに日本は小型犬が主流だけどね…。でも中型犬・大型犬だってたくさんいるのよ!と、この時点でワイルドレシピに対して否定的になった私でした^^;

まぁそこはさておき。次に、袋を開封していきましょう。

今回購入したのはチキンの800gなんですが、ちゃんとジッパーが付いてます!以前口コミで「ジッパーがない」という声を見かましたが、現在はちゃんと付いてますよ~。

粒はこんな感じ。さすが小型犬用とあって小さめですね。ワイルドレシピのニオイは結構いい匂いで、例えるならスモークチキンのような匂いだなと個人的には感じました。

ちなみに我が家ではいつもモグワンを食べさせているので、モグワンの粒と比較してみました!ほぼ同じ大きさですね。

一応ワイルドレシピは「超小型犬~小型犬用」ってなっていますが、そこまで超小粒ではないので、中型犬・大型犬でも相性が良ければ問題なく食べれると思いますよ。

さぁそれでは次に、ワイルドレシピを器に盛っていきましょう!

とりあえず初日は、モグワン80%:ワイルドレシピ20%の割合で混ぜてみました。チキンには食べ慣れてるけど、やっぱりお腹緩くなったら嫌ですからね。

さてさて、モコの食いつきや反応はどうなのでしょうか?

おっ!すごく喜んで食べてる!!なんとなく「食べないかな?」と思っていただけに、喜んで食いつく姿を見てちょっとビックリしました!

粒の大きさもモグワンと変わらないからか、何の問題もなく食べています。ポロポロこぼすことも、のどに詰まらせることもありません。見事に完食しました!

ワイルドレシピを食べた翌日のうんちは、軟便になることも下痢になることもなく健康的なうんちでした。色はモグワンの時よりもやや明るめ。硬さもちゃんとありました!

ワイルドレシピを1袋食べさせて分ったこと!

それから毎日、我が家ではモグワンにワイルドレシピを混ぜる形でモコに食べてもらいました。モグワンを20%:ワイルドレシピ80%の割合で。食いつきはとても良く、途中で食べ残すことも一切ありませんでした。

ただ、ワイルドレシピを食べるようになってから水を飲む量が増えたんです。現在はもう食べていないからか、いつもと同じ量に戻りました。

これに関しての理由はよく分かりませんが、もしかしたらモコにとっては代謝の難しい成分が入っていたのかな?と察しています。

あとうんちの量もちょっと増えたので、我が家ではもうワイルドレシピを買うことはないかなぁ…と。原材料のラインナップも悪くないんですが、個人的には不安が少々残りました。

ワイルドレシピドッグフードの原材料と安全性を徹底分析!

それでは次に、ワイルドレシピの原材料と安全性について分析していきたいと思います!ここでも「チキン」に注目してみました。

そして当サイトの基準で、危険なものは赤危険じゃないけど気になるものは緑で表示しています。

チキン(肉)、チキンミール、ヒヨコマメ、ラムミール、鶏脂*、乾燥ポテト、エンドウマメ、エンドウタンパク、タンパク加水分解物、アルファルファミール、ひまわり油*、ビートパルプ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
*ミックストコフェロールで保存

4D 香料
粗悪成分 着色料
危険成分 保存料
やや危険成分 ビートパルプ 酸化防止剤 ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物・クエン酸
タンパク質 32.0%以上 灰分 10.0%以下
脂質 18.0%以上 水分 10.0%以下
粗繊維 3.5%以下 代謝エネルギー 380kcal/100g

チキン(肉)

チキンはアミノ酸のバランスが良く、犬の健康を維持するために必要なタンパク質を豊富に含んでいます。また消化吸収が良いので、胃腸に負担をかけることも少ないのが特徴です。

チキンミール

一般的に「〇〇ミール」と書かれた肉は、人間が口にしないような部位もすべて混ぜた肉類(副産物)のことを差します。そのため粗悪な肉と分類されるのですが、ワイルドレシピでは食用にならない部分は使用していません。

ビートパルプ

ビートパルプは、「甜菜」から砂糖を抽出した後に残ったカスのこと。製造過程に硫酸系の薬剤を使用している可能性があり、ワイルドレシピについてはその情報が公開されていないため不安が残ります。

編集部からのひとこと

ワイルドレシピの「チキン」は、人工添加物や副産物が一切使われていません。チキンミールも、食用以外の部分(羽根など)を使っていないと説明があったのでこの辺りも安心です。

そして、第一主原料にはちゃんとお肉が使われていますね。比較的リーズナブルな市販のドッグフードの中でも、なかなかレベルの高いドッグフードではないでしょうか。

しかし残念な点があって、それは原材料のグレードや産地が分からないことです。これはニュートロ全製品に共通していることで、「高品質」と謳われているわりには詳細がありません。

また、チキンを含むワイルドレシピの他の3種にはビートパルプが使われています。さらに鹿肉に関しては、どこのどんな鹿の肉を使っているのか分かならいのがちょっと怖いですね…。恐らく野生だとは思いますが。

といった具合に、ワイルドレシピには惜しい点がいくつかあります。穀物不使用でリーズナブルな価格だからこそ、素材の品質をもっと明確にしたら好感度が上がるのにと感じたのが正直なところです。

ワイルドレシピドッグフードの口コミや評判ってどうなの?

実際に、ワイルドレシピを愛犬に食べさせている飼い主さんの評判はどうなのでしょうか?口コミをまとめてみました!

ワイルドレシピドッグフードの良い口コミ

ラブラドール・レトリバー3歳 / オス
5.0
他のドッグフードと違い、ワイルドレシピは油っぽさがありません。原材料を見ても余計なものは入っていないことが分かるので、安心して食べさせられます。
チワワ6歳 / メス
5.0
ワイルドレシピを食べさせるようになってから、涙やけが明らかに改善してきました。茶色っぽく変色していた目の下の色が、だいぶ薄くなりました。あと便秘も改善され、ウンチのにおいも軽減してきたような気がします。
ヨークシャー・テリア7歳 / メス
4.5
グレインフリーに魅力を感じ、シュプレモからワイルドレシピに変更しました。シュプレモの時より喜んで食べます。うんちも少し硬めになり、においも減ったような気がします。

ワイルドレシピドッグフードの悪い口コミ

ミニチュア・ダックスフンド4歳 / オス
2.0
うちの子には合わないようで、便がすごく臭くなります。しかも量が増えた。成分的には安心できる内容なだけに、今後どうしようか悩んでます。
雑種犬9歳 / オス
3.5
いつもサーモンなのですが、今回初めてチキンも試してみました。結果、チキンは半分残してその後食べません…。サーモンは喜んで食べるのに何でだろう?
フレンチ・ブルドッグ5歳 / メス
3.0
ラム以外の3種類にはビートパルプが入っています。ワイルドレシピ内でローテーションしようかと思ったけど、ビートパルプが入っているんじゃ無理かな。

ワイルドレシピドッグフードの口コミ・評判まとめ

ワイルドの口コミを調査したところ、全体的に評価がとても高いドッグフードであることが分かりました。「グレインフリーなのに価格が良心的」と太鼓判を押している飼い主さんがとても多いですね!

ちなみに、良い口コミでは「食いつきがいい」という声だけでなく「涙やけや皮膚の痒みが改善した」というアレルギー改善系の口コミも一定数ありました。

そしてマイナス評価では、「うんちが臭くなった」「うんちの量が増えた」という声が比較的多かったように思います。体質との相性もあるとは思うのですが、ラム以外はビートパルプが入っているので少なからず影響している部分もあるかもしれません。

【最安値は?】公式・Amazon・楽天の価格を比較!

どこでワイルドレシピを買うのがもっとも安いのか?公式サイトを基準に、大手通販サイトのAmazonと楽天を比較してみました。

公式サイト Amazon 楽天
初回購入
定期購入
通常購入 1,642円(800g)
2,880円(2kg)
4,880円(4kg)
1,187円(800g)
3,240円(2kg)
3,007円(4kg)
送料 2,000円以上は無料 店舗により異なる

ワイルドレシピドッグフードはAmazonでの購入が安い!

ワイルドレシピはAmazonと楽天の両サイトで購入できますが、比較的安く購入できるのはAmazonであることが分かりました。とくにAmazonPrime会員であれば、間違いなく楽天よりAmazonの方が安くてお得だと思います。

ワイルドレシピドッグフードと当サイト一押しのモグワンで比較!

人気商品モグワンとワイルドレシピにはどのような違いがあるのか、「内容量」「価格」「メイン食材」「穀物類」「添加物」などを比較してみました!

項目 モグワン ワイルドレシピ
内容量 1.8kg 2kg
価格 3,564円 2,880円
100gあたりの価格 198円 144円
メイン食材 チキン&サーモン53% ラム肉・チキンミール・ヒヨコマメ
穀物 グレインフリー グレインフリー
添加物 無添加 無添加
当サイト評価 Sランク Bランク
※モグワンは定期コースを利用した場合の価格を比較しています。

ワイルドレシピとモグワンですが、どちらも第一主原料にお肉を使い、穀物と人工添加物、そして副産物などを一切使わない良好なドッグフードであることが分かります。

しかし決定的に違いがあって、それはモグワンの素材がヒューマングレイドなのに対し、ワイルドレシピの素材については詳細が不明ということです。

さらに付け加えて言えば、モグワンは総量の53%にチキンとサーモンの可食部のみが使われているんですね。そこにプラス、野菜や果物も加えられているため、総合的に見ても栄養バランスが整っているのはモグワンであることが分かります。

価格や買いやすさは圧倒的にワイルドレシピが上ですが、品質や安全性、それから栄養バランスなどをしっかり考えるならモグワンを当サイトはおすすめします。

ワイルドレシピドッグフードの種類と特徴について

ワイルドレシピには、ドライフードとウェットフードの2タイプがあります。それぞれの特徴などを簡単にまとめてみました。

ドライフード

商品名 特徴
チキン 主原料はチキン(肉)、チキンミール、ヒヨコマメ。「ビートパルプ」が入っている点がデメリット。
サーモン 主原料はサーモン(すり身)、チキンミール、ヒヨコマメ。「ビートパルプ」が入っている点がデメリット。
ラム 主原料はラム(肉)、チキンミール、ヒヨコマメ。4種類の中で唯一「ビートパルプ」が含まれていない。
鹿肉 主原料は鹿肉ミール、チキンミール、ヒヨコマメ。4種類の中でタンパク質が低いドッグフード。

ウェットフード

商品名 特徴
チキン 主原料はチキン、チキンエキス、鶏レバー。代謝エネルギーが100gあたり115kcal。
ターキー 主原料はターキー、ターキーエキス、チキン。代謝エネルギーが100gあたり115kcal。
ビーフ 主原料はビーフ、 チキンエキス、 チキン。代謝エネルギーが100gあたり110kcal。
ターキー&ラム 主原料はターキー、チキンエキス、鶏レバー。代謝エネルギーが100gあたり145kcal。

ウェットフードは野菜や果物も入っていてとても魅力的なのですが、全種類にビートパルプが使われていて残念です。ビートパルプの安全性が確認できれば問題ないんですがね…。

ワイルドレシピドッグフードは大型犬向きじゃないの?

ワイルドレシピのドライフードには「超小型犬~小型犬用」と書かかれているため、中型犬や大型犬には食べさせてはダメなの?と思ってしまいますよね。

結論から言いますと、大型犬でも食べれます。しかしワイルドレシピは粒が小さいので、もしかしたら大型犬によっては食べづらさを感じるかもしれません。

ちなみにレビューでもお伝えしたように、我が家のモコ(中型犬)は何の問題もなく食べていました。丸呑みすることが大半でしたが、それでも時々噛んでいたので決して食べにくいわけではなかったようです。

ワイルドレシピドッグフードのQ&A

ワイルドレシピドッグフードには「お試しサンプル」はあるの?

ワイルドレシピのお試しサンプルは、ペット用品通販サイトPEPPYで時々行われる「数量限定お試しサンプルキャンペーン」で入手することが可能のようです。

ワイルドレシピ以外にもシュプレモなどのニュートロ製品、アーテミス、ナチュラルバランス、フィッシュ4ドッグスなど様々なドッグフードのサンプルが入っており、お得にいろんな商品を比較できるようになっています。

あとは、イオンペットでサンプルを配布しているのも見かけます。近くのペットショップに尋ねてみるといいでしょう。

ワイルドレシピの賞味期限は?

ワイルドレシピの賞味期限は、製造日から12ヶ月です。

ワイルドレシピドッグフードの正規品販売店や取扱店はどこにあるの?

ワイルドレシピ正規品の取扱店は、主にペットショップになります。公式サイトから店舗を確認できるので、参考にしてみて下さい。

ワイルドレシピドッグフードの基本情報

ドッグフードの形状 ドライフード/ウェットフード
内容量 800g、2kg、4kg
初回購入価格
定期購入価格
通常価格 1,642円(800g)
2,880円(2kg)
4,880(4kg)
※Amazon参考価格
100gあたり価格 144円
販売会社 ニュートロジャパン合同会社
公式サイト http://nutro.jp/products/wild/list/
この記事のURLをコピーする

ドッグフード選びに迷った場合はどうしたら良い?

ドッグフードの神様では、全部で135商品のドッグフードの成分分析を徹底的に行い、どのドッグフードにどれぐらいの危険性があるかという安全面やコストパフォーマンスなど、多角的な視点からSランク~Fランクの格付けを行っています。

ドッグフード選びに迷った際は、ぜひ一度チェックしてみてください♪

【全135商品】ドッグフードの総合ランキングを見る